2日目 6月29日

2009年7月 5日 (日)

2日目 6月29日 その5

  


通り池から少し行くと中の島海岸です。

 

 

ここもきれいです。

 

 

 

今度は渡口の浜へ。

 

 

このところ風が強くてと、1軒だけあるお店の人が言っていましたが

実際透明度はよくなかったです。

 

 

そのお店です。

 

 

結構波立っていました。

 

 

ここがよく写真が載っているビーチですが、海草がたくさん打ち上げられていて、

がっかりでした。

 

この旅行記を見て、この日はずっとピーカンのように思われるかもしれませんが、

実はそうでもなく、この渡口の浜の時はしばらく時間つぶしして天気が変わるのを

待っていました。

 

ですから、渡口の浜の印象はかなりグレーなかんじです。

いつかいいときに行ってみたい場所です。

 

 

ランタナは色んなカラーバリエーションがあって、それぞれきれいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく行くと何やらホテル風の建物が見えてきたのでちょっと寄ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Villabuというリゾートでした。

でも車以外にはどこに書いてあるのか分かりませんでした^^;

 

 

沖縄民家風のつくりです。

 

 

入っていくと

 

 

レストランとそのテラスがありました。

気持ちよさそうなテラスです。

 

 

ビーチは泳げるのかどうかは分かりませんでした。

 

 

往きに寄ろうと思ったら曇ってきたのでパスした「フナウサギバナタ」の海は

絶対に撮っておかないとと、向かいました。

 

 

これは展望台ですが、手すりのところに人が立つくらいの大きさです。

この時は雨が降ってきたので車の中で少し仮眠して天気が変わるのを待ちました。

ダメかなと思っていましたが、着いた時には誰もいなかったのですが、大型の

観光バスがやってきたので、起きて車から出ました。

そうこうしているうちにだんだん雲が切れてきました。

よしよしよしよし!

このまま晴れてくれ!と念じました。

 

 

私にとってはこのサンゴの形が、ミズガイの外套膜を連想させて、たまらなく

好きな状態なのです^^

しかし、手すりからだとこのように見えないので、柵のない崖の上の

ギリギリのところまで行って撮りました。

はい、自己責任で。

でもカメラがなければ行くことはないと思います^^

 

 

うぅ、めまいが^^;

 

 

こわいよ~

しかし、水中はどんな感じなんだろう。

見てみたいなあ。

 

 

 

 

雲がだんだん切れてきたので、そこだけを切り取って。 

 

 

ここもこわかったなあ^^

 

 

この手すりのない崖の上で、足下を見るとかわいい実と花があり、

つい撮ってしまいました。

 

 

で、また海を覗き込んで。

本当に宮古の海はサンゴが元気そうで、水も澄んでいそうで、中を覗きたくなる

ところがあちこちにありました。

 

 

 

 

 

もうそろそろ帰ろうかなと港に行ったら、ちょっと遅くて船が行ってしまったので

次の船で帰ることになりました。

 

 

 

もう完全に雲ってしまい、時間も3時半になって、撮影タイムも終わりだなと

港の側の池を覗いたら、アジサシみたいな鳥たちがいたので、撮っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしていると、まただんだん明るくなってきたので、そうだ牧山展望台

というところに行ってなかったと、ちょっと迷いながらなんとかたどり着きました。

すると、来るとき船から見えていた鳥のような建造物が展望台だったんだと

わかりました。

 

 

 

向こうに見えるのは宮古本島。

 

 

日本じゃないみたい。 

 

 

いいなあ。

いいなあ。

 

 

そういえばこんなのが展望台にありました。

 

 

展望台の下の道。

 

 

すれ違うフェリーたち。

 

 

あそこが平良港かな?

 

 

 

もうそろそろ港に戻らないと帰れなくなってしまう。

 

  

じゃあ、帰ろうか。

伊良部・下地、きれいだったな。

来てよかった。

 

 

 

 

 

それじゃあ、また

 

 

いつか・・・ 

 

 

船ってかっこいいなあ^^

 

 

もうすぐ平良港。

 

 

 

 

 

はい到着です。

ただいま。

 

 

あのホテル気になるなあ。

ちょっと見に行ってみようっと。

 

 

ホテルアトールエメラルド宮古島というんだ。

便利だけど、リゾートという雰囲気は立地的に厳しいものはある気がします。

 

 

 

さあ、今日も夕焼けを撮りに行こう。

ただ海に沈む夕日だけじゃ南っぽくないしなあ。

また砂山に行くのもなあ。

橋を入れた夕焼けを撮りたいなあ。

と思って地図を見たら来間大橋なら東側から橋を狙えるかもしれないと

行ってみました。

 

でも結局地元の人に聞いたりもしましたが、いいポイントが見つからず

あきらめました。

それでトンボと植物とのきれいな組み合わせがあったので、それだけ撮って

やっぱりまた砂山に行くかと、車を飛ばしました。

 

 

でもちょっと遅すぎました^^;

 

 

 

こんな感じで、2日目も朝からフル回転でした^^

 

 

 

| | コメント (0)

2009年7月 4日 (土)

2日目 6月29日 その4

 

向こうに車が停まってるし、人の姿もあるから、あそこがタッチ&ゴーの場所かな?

 

 

やってきた

 

 

きた! 

 

 

ビューン

 

 

タッチ!

 

 

 

 

ゴー!

 

 

 

 

 

次は?

 

 

RAC(琉球エアコミューター)のプロペラ機だ。

 

 

タッチ!

 

 

 

 

ゴー!

 

 

導入路の海も本当にきれい。

こんなに広い範囲に浅いリーフが広がっている場所は、もしかしたら沖縄でも

ここだけかもしれません。

 

 

こんなにきれいなところでの訓練なんて、うらやましい^^

 

 

導入路を越えて

 

 

その先に行ってみると

 

 

更にきれいな白砂の海が広がっていました。

 

 

 

 

 

あー、楽しかった^^

 

 

 

次は通り池をちょこっと見てみようかな。

 

 

 

 

 

夏雲が。

 

 

 

 

 

通り池までは5分もかからない距離でした。

 

 

小径をくぐり抜けていくと

 

 

そこを抜けるとまたまぶしい青空が広がっていました。

 

 

これはいわゆる通り池ではありませんが、こういう陥没がいくつかあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これがいわゆる通り池だと思います。

ダイバーとして行った20年前から宮古といえば通り池が有名でした。

 

 

このあたりはよくある溶岩?台地で、その所々が陥没している

といった場所です。

 

 

その向こう側はけっこう荒れていました。

 

 

でも水の透明感が感じられます。

 

 

戻ろうと元来た道を歩いていると何やら人の姿が。

 

 

何してるのかと思ったら、5、6人のグループで来てる若者たちが順番にあの狭い

裂け目から中に入っていきました。

あそこを入ると、海面に近いところに行けるようで、それで入っていったみたいです。

 

えっと、ところで彼女は通れたんだっけ?^^

 

 

 

 

 

向こうは海。

あ、何か白いものが見える。

 

 

サギだ。

こんなところで暮らしてるんだ。

 

 

それじゃあ、そろそろ行くか。

 

 

好きな花だけど、昼間見るとたいていしなびているから、元気に咲いているのを

見るとつい撮りたくなります^^

 

 

それじゃあ。

 

 

本当に気持ちのいいドライブ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

超巨大白菜みたいな葉が目立ったので通り過ぎてから

バックで戻りました。

 

 

根元にはこういう花?が。

やっぱり熱帯の植物という感じです。

  

 

| | コメント (2)

2日目 6月29日 その3

さて、次はどんなところがあるかな。

 

 

向こうにたくさん来ているのはダイビングボートだろうな。

あの手前の橋は何だろう?

結局どこから入ればあの橋に行けるのか分かりませんでした。

 

 

ここは白鳥岬というところなんだ。

 

 

展望台から見ると

 

 

さっきのところの続きになっています。

 

 

あの手前のちょっと深くなっているところはどんな感じかな。

引き潮だと海に戻れないからシュノーケリングで陸から行くしかないかな。

 

 

おや?サトウキビ畑にワンコが。

 

 

ずっとご主人が農作業している間近くにいるのかな?^^

 

 

エメラルドグリーンの海をバックにしたハイビスカスっていいなあ。

 

 

おや?自転車で廻ってるんだ。

どこから来たんだろう?

 

 

ここの海もきれい

 

 

堤防はあるけど、港じゃないな。

 

 

本当にきれいな海。

 

 

手前にあるのは網ということは、ここで漁をやっているんだ。

 

 

沖縄ではこういう溶岩が浸食された変わった形の岩が時々見られます。

 

 

おや?

もしかしたら、あのあたりが下地島のタッチ&アンドゴーの場所?

 

 

ここまで来るとはっきりそうだって分かりました。

でもあそこにはどうやっていくのだろう?

 

 

よく見かける場所の写真とは違うところからのもいいかなと思いました。

佐和田浜からのカットです。

 

 

かなり潮が引いていましたが、満ち潮だとここもきれいな海が広がってるんだろうな。 

 

 

小さいひまわり畑があったので、海の色とひまわりとが両方思ったような大きさと色と

ボケ方とで入るようにしゃがんだり立ち上がったりしながらいいアングルを探していました。 

 

 

そうだ、飛行機と一緒に撮ろうと思いましたが、これはひまわりとの距離と

飛行機との距離の差が大きすぎて、広角だと飛行機が小さくなりすぎ、飛行機の大きさを

ある程度だそうと思うと絞ってもぼけすぎてダメでした^^

 

 

飛行機待ちをしているときに、ふと下を見たら、これぞ赤!とんぼっていう感じの

鮮やか赤とんぼがいました^^

 

 

う~、しかし暑い!

こういうときはかき氷が本当においしい^^

 

 

佐和田浜、とうとうこんなになってしまいました^^

 

 

そのすぐ隣には、取り残された海がありました。

今思うと何が取り残されているのか確かめに行けばよかったと思います。

 

 

| | コメント (0)

2日目 6月29日 その2

そろそろ出動です。

平良港マリンターミナルへ。

 

 

この椰子の木をワンポイントで入れるのが重要^^ 

  

 

宮古フェリーへチケットを買いに。

 

 

でもって、フェリーに車ごと乗り込み

 

 

伊良部へGO!!

 

 

それじゃ、いってきます。

 

 

ボーーーーーーー(汽笛の音)

 

 

船内は・・・・

ガラ~~~~ン・・・

 

 

ずっと就航出来るのかちょっと不安に思ったり^^

でも、そういえば2013年には橋が出来るみたいで、しかも池間大橋や来間大橋と同様無料とのこと。

そうなると・・・・

まあ、それも時代の流れでしょうか。

 

 

 

お、あれは伊良部島かな。

 

 

あれか、伊良部大橋は。

フェリー会社には致命的かもしれませんが、観光客は地元の人にはとても便利になります。

でも、便利になることがいいことばかりではないという話は、古宇利島の漁協長さんからも

聞きました。

一部の心ない観光客が起こすトラブルや迷惑行為が心配です。

(この旅行記は1年前のことなので、今はもっと橋らしくなっていると思います)

 

 

うん?なんだろう、あの鳥みたいな建物は?

一応撮っておこう。

(後で、帰る間際になって急いで行った「牧山展望台」でした。

 

 

やっぱり人だけ乗せていると早いのぉ。

 

 

ワオ、キツネザル、じゃなくて、このサンゴが透けて見えるエメラルドグリーンに

思わず「わお!」っと叫ぶのでした。

 

 

さあ、到着。

早く、早く!

 

 

堤防にきれいな魚の絵がたくさん。

それに、この港の中の透明感。

いいね、いいね^^

 

 

はい、到着^^

 

 

船を下りると広い舗装された港に少しの車が^^

早速車で島内散策へと向かいました。

 

 

ハイビスカスが鮮やか。

 

 

何か分かりませんが建物をバックに入れてみました。

 

 

最初に寄ったのは「サバウツガー」という、昔このあたりで唯一の生活用水を得られる井戸があり、

1日に何度か長い階段を上り下りして水くみをしていた場所だそうです。

 

 

しかし、海がきれい。

 

 

うわ、たまらない色。

 

 

うわ、うわ!

 

 

あのリーフエッジのところ潜りたいなあ。

あ、船だ。

 

 

それじゃあ、次のスポットへ。

 

 

またハイビスカスを^^

 

 

ピンクの豆科の花もアップで。

 

 

チョウも^^

 

 

しばらく行くと、見晴らしのいいところによくある屋根が。

 

 

おお、きれいなラグーンが!

広々としていて気持ちいい!

 

 

あ、あそこにも停められるんだ。

ちょっと車遠くに停めすぎたなあ。

でももう戻るのも面倒だし。

このまま行くか^^

 

 

きれいきれい(パチパチ^^)

 

 

ふう、やっと着いた。

でも、ここからより上から見た方が景色はよかった^^; 

 

 

せっかくここまで来たから海を近くから見てみるか。

おおっ、これまたたまらないかんじ^^

 

 

あ、船^^

 

 

ダイビングボートだろうな。

水中はどんな感じかな。

 

 

さあ、また来た道を戻るか・・・

 

 

この南に行くとよく見かける白い花は、きれいな個体を見ると

つい撮りたくなります。

 

 

小さい花もきれい。

 

 

| | コメント (0)

2日目 6月29日 その1

泊まったのは宮古第一ホテルというところでした。

港からもまあ近くて、きれいだし、いたって快適でした。

 

 

ちょっとピンクがかった外壁で、隣にはパステルカラーのグリーンの建物。

 

 

おお、すごい色!

バハマか?^^

ご参考(まだ未完成のバハマ旅行記^^;)

http://rakutobi-bahamas.cocolog-nifty.com/blog/

 

  

向かいに見える建物もよく見るとカラフル

 

 

文房具屋さんでも・・・

 

 

バハマか!^^

 

 

普通の家でも・・・・

 

バハマか!^^

 

という色彩豊かな宮古を認識したスタートでした^^

 

 

朝、ホテルの近所をちょこっと散歩したら

ひまわりが咲いていました。

 

 

セミの抜け殻も。

 

 

声はするんだけど、とよく見ると

 

 

いたいた^^

 

 

ここにも。

クマゼミかな?

 

 

横からのカットも。

 

 

キチョウもペアで。

キチョウはモンシロチョウより個体数が少ないし、なかなか留まってくれないので

写真に撮れる機会は少ないですが、それがペアで撮れた「キチョウ」な写真です。

 

ちょ、ちょっと、スルーしないでください^^

 

 

アラマンダーと、最近お気に入りのピンクの豆科の花。

きれいなピンクなんですよね。

と、初日と合わせ、なんだか宮古島昆虫記みたいな出だしですが、大丈夫です。

ちゃんと昆虫以外もたくさん出てきますので^^

 

 

| | コメント (0)