« 最終日 7月1日 その4 | トップページ

2009年7月11日 (土)

最終日 7月1日 その5

とうとう最後の記事となりました。

  

次はどんなきれいな景色を見せてくれるんだろうと思いながら来間島を後にしました。

 

 

 

さあ、次へ! 

 

 

 

気持ちいい風景^^

ハイビスカス色^^の車が来るのが見えたので、入れることにしました。

  

 

 

また停まっちゃった^^

 

 

雲の感じもちょっといいかんじ^^

 

 

橋を渡って、すぐのところに見えたのは

 

 

日本ぽくないこの大きさで全部水色のお家でした(バハマか!^^)

宮古は好きな色だらけで本当に楽しい^^

 

 

 

セミも本土の「声はすれども姿は見えず」ではなく、写真に撮れる高さにいてくれるし。

 

 

こんなきれいなブーゲンビリアもあったり。

 

 

 

この道もなんてきれいで気持ちいい道なんだろう^^

 

 

イムギャーに行く道がよく分からずに、(多分)変則的なルートで行ってしまいました。

 

でもそのおかげで、(これまた多分)車も人もあまり通らなさそうな道で風景を楽しみながら

行けました^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、寄り道しながら行くと、やっとみつかりました。

 

 

イムギャーマリンガーデンに到着です。

 

 

 

 

 

あの上に見えるのが展望台。

大きい牛の像が乗っています。 

 

 

 

 

 

あそこが展望台。

 

 

イムギャーで一般的な写真はこちら側の海です。

 

 

ダイビングの講習には波もなくちょうどいい場所かもしれません。

でも透明度はそんなによくなさそうですが。

 

 

はい、いきなり潜行 ブクブクブクブク

 

 

出発。

 

 

早く上手になってください^^

楽しい世界が待ってますよ^^

そして無貯金人生も^^;

 

 

せっかくだからもう少しイムギャーの様子を。

 

 

 

 

海水浴も安全そう。

 

 

 

イムギャーマリンパークというとこちらサイドなのでしょうが、展望台から見て

反対側の海が私としては感動ものだったのです。

 

 

 

それがこれです。

こんなに広範囲にサンゴの着いている岩が斑模様のようになっている海は見たことがありません。

白砂に根が転々とあるというのとは明らかに違うし、一面の珊瑚礁というわけでもなく、

まるで一つの大きな岩が「脂肪割れ」ではないですが、引っ張られて小刻みに分かれていった

という様に見えました。 

宮古の海はたくさんの人が紹介していて、ここの写真も時々目にしますが、どうして

この

不思議な風景についてだれも不思議だとコメントしないのかが不思議でたまりません^^

 

 

 

こんなに広範囲に広がっているなんて。

ここから入れるようです。 

今度時間があれば、もっと海の情報を調べて安全そうなら是非入ってみたいとおもいます。

 

 

 

ここでも素晴らしい海を見せてくれてありがとう!

 

 

 

 

さようなら~

 

 

さようなら~

 

 

こっちから来ればだいぶ楽だったんだろうけど、海岸線からのルートは楽しかったなぁ^^

 

 

只今15:50

 

 

これで宮古で過ごす時間はあと少しになってきました。

 

 

さあ、どこかで帰り着に着替えて、靴に履き替えて、車を返しにいこう。

 

 

 

それじゃあ、また。

さて、またもとの世界に戻るとするか・・・・

 

 

おしまい

 

 

 

|

« 最終日 7月1日 その4 | トップページ

コメント

RAKUとびさん こんばんは
宮古島の海とサンゴ 堪能させてもらいました。
たくさんありすぎて全部は書ききれないので、
最終日の写真で、特に印象に残った写真を上げてみると
その2のダツとその上の『うう』の写真・・・水の透明感がグー。
その3の小さい子どもが水がないように見える所にポカンと浮かんでいる写真。
まるで宙に浮いているようです。私もあそこでシュノーケリングがしたい。
すばらしい写真とコメント、見ているだけでリフレッシュできました。

投稿: バックエントリー | 2009年7月11日 (土) 21時59分

こんばんは、バックエントリーさん
コメントありがとうございます。
宮古の海はこの時は入らなかったのですが、シュノーケリングでも
入ってみたいところがたくさんありました^^
ダツはモルディブでは普通ですが、基本こわいと思っていますので
大きいのを見るとおおっと思います^^;
陸撮と海遊びは3日では無理なので、こんどは海遊びも
したいと思っています。

投稿: RAKUとび | 2009年7月12日 (日) 20時05分

こんにちは。かこと申します。

あんまりに素敵過ぎて、めった書き込みとかしないんですけど、書きます。
あたしは2年連続で宮古に行ってて、今年も。。。と思ってたのですが、
今はカナダにいるんで今年はいけないんですweep
こちらからあのすんばらしい宮古がよみがえってきました。。。shine
すごいなあ、すごいなあ。。。ってほんまに思いますよね、島のいたるところで。
素敵な写真をシェアしていただいてありがとうございます。

ダツというのは怖い魚なのですかーへんな形でかわいいと思ってました。

投稿: かこ | 2009年7月14日 (火) 07時07分

はじめまして、かこさん
コメントありがとうございます。
カナダにいらっしゃるのですか。
カナダはまったく違う気候でしょうけど、日本では味わえない自然があって
楽しそうですね^^
それでは、日本に戻られるまでは写真で我慢ですね^^

ダツは昼はいいのですが、夜明かりに向かって飛んでくるので
首を刺し貫かれた写真とか、一番衝撃的だったのは目に刺さった写真でした。
それまでは大きいさよりくらいにしか思っていませんでしたが
それを見てから昼でもこわいと思うようになりました^^;

投稿: RAKUとび | 2009年7月14日 (火) 21時01分

RAKUとびさん、こんにちは。
新旅行記の完成、おめでとうございます。

写真の出来から当然と言えば当然ですが、凄い機材を持って行かれるのですね。
これでないと、こんな写真は撮れないのねと、改めて感心しました。

素敵な宮古の写真をありがとうございました。
写真の中の小中学校、私が鹿児島の離島で通った学校と似ていて、とても懐かしかったです。
道端の石垣の感じとか、まるで同じ。

東急リゾートがあるのですね。いつか泊まってみたいです。

絶対に潜りたくなる海ばかりなのにで、潜らずに良く我慢されましたねー。
潜らないとしたら(スノーケリングでも良いけど)、私には我慢大会になりそうです。
でも、もう潜れないのかもと思ったりしている今日この頃ではあります。
(貯金ができる人生になるでしょうか?笑。)

沖縄の離島、ホテルや食堂などが綺麗でお洒落でびっくりしました。
もっと、良く言えばひなびた感じ、悪く言えば田舎臭い感じなのかと思っていましたけど。

本当に沖縄の離島、行きたくなりましたー。
遠いな~。

投稿: あーにゃ | 2009年7月31日 (金) 05時44分

こんにちは、あーにゃさん
撮影機材は料理でいうところの料理道具ですから、
料理するときに材料をどう処理するかで
道具も変えていかないとプロでもきれいには出来ないのと同じように、
レンズや本体も最適な組み合わせで料理しないと
それぞれの素材を活かすことが出来ないので、どうしても
何種類か必要になります。
本体は、レンズ交換を頻繁にするのはゴミも入りますし、
シャッターチャンスは逃しますし、撮る気力も失せてきますし、
ということで、何台か必要になります。
料理道具が柄と先が別々で、いちいち先を外して交換しないと料理が出来ないのだと
面倒ですよね。
しかも両手で気を遣いながら交換しないといけないとすると益々面倒で、
もう包丁で炒めちゃえ、みたいなことになると思うのです^^
でもそれではうまく炒めることが出来ないので、やっぱり柄と先がくっついている状態で
それを使い分けるのが本来だと思うのです。

宮古はどこに行ってもひなびた感じの雰囲気が無くて、とても気持ちいい場所でした。
小さい離島になると、食事も民宿以外では食べるところもありませんというところもありますが
大きい島は結構整備されています。
帰国の際は是非足を伸ばしてみてください。

我が家もそろそろダイビングも引退です。
お体お大事にされてください。


投稿: RAKUとび | 2009年7月31日 (金) 07時11分

RAKUとびさん、こんばんは。

ずっとにこにこしながら拝見させていただきました。
透明な海に旅心をくすぐられますね~^^
「透明すぎる海の波紋」、とっても好きです。
「タッチ&ゴー」や「カラフルなヨット」もすごく素敵でした。

旅気分を味わわせていただきまして、ありがとうございました^^

投稿: 淡紫 | 2009年8月16日 (日) 20時58分

こんばんは、淡紫さん
こちらの方も遅くなり大変失礼しました。

宮古は一人の撮影行でしたので、3日間目一杯撮ってきました。
その代わり、それ以外はまったく充実していませんでした^^
でも、ホテルもこぎれいだったし、虫に悩まされることもなく
快適に過ごせて楽しかったです。
またどこかに撮影行できたらと思っています。

長い旅日記におつきあいいただきありがとうございました。

投稿: RAKUとび | 2009年8月26日 (水) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1234721/30497414

この記事へのトラックバック一覧です: 最終日 7月1日 その5:

« 最終日 7月1日 その4 | トップページ